ワキガ、多汗症は普通の人と何が違うの?基本の仕組みを理解しよう

ワキガ、多汗症は普通の人と何が違うの?基本の仕組みを理解しよう

ワキガ、多汗症の人は、そうじゃない人に比べて脇の臭いがきつかったり、汗が大量に出てしまいます。ですが、それはなぜなのか知っていますか?
今回は、しっかりと基本の仕組みを理解しましょう。

汗腺には2種類ある

アポクリン腺とエクリン腺

出典:http://www.skincare-univ.com

まず、汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。
このうちのアポクリン腺が脇の臭いの原因ですが、このアポクリン線というのは誰にでもあるものなんです。
ですが、アポクリン腺の数が多いとワキガ体質になってしまう可能性があります。

エクリン腺って何?

エクリン腺とは体全体にある汗腺のことで、運動すれば体中から汗が出ますよね。これはエクリン腺によって体から汗が出ています。人間は体から汗を出すことで体温の調節をしますが、この作業がエクリン腺によって行われています。

アポクリン腺って何?

一部にしかない汗腺

出典:http://www.evolveprograms.com

一方、アポクリン腺というのは脇、陰部、耳の中、肛門、乳輪などの一部にしか存在しない汗腺です。この汗はエクリン腺とは違い、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれており、この成分が菌によって分解されることで、ワキガ独特の臭いを放つんです。

手術ではアポクリン腺を切除する

ワキガ、多汗症の手術でどのようなことが行われているのかよく分からない。という方もいらっしゃると思いますが、アポクリン腺を切除することでワキガ、多汗症は治ります。
基本的には脇を切って切除する方法が一般的ですが、最近では切らずにレーザーでアポクリン腺を破壊する治療もあります。

国によってはフェロモンである

一部の国ではフェロモンの臭いといわれている

出典:http://datsumou-taiken.seesaa.net

昔はアポクリン腺によって発生する臭いはフェロモンのにおいだと言われていました。
今でもそう言われている国はあり、ワキガ、多汗症の人が放つ臭いは魅力的だという認識を持っているようです。日本ではあまり無い考え方ですね。

まとめ

アポクリン腺による汗の量を減らせば、ワキガ、多汗症による臭いや汗の量も防ぐことができますので、手術をしない方法はたくさんあります。
もちろん、手術をすれば予防する必要もなくなりますので楽ではありますが、抵抗があるのも当然です。自分なりに向き合い、うまく付き合っていけるのが一番良い解決策といえますね。