骨盤まわしストレッチで、生理時の不調を軽くしよう

骨盤まわしストレッチで、生理時の不調を軽くしよう

生理の時も体を動かすべき

「体を動かして生理時の不調を改善」

出典:http://www.eharmony.com

生理時に腹痛や頭痛、だるさなどを覚える、いわゆる生理が重い人は、どうしても動作が鈍くなりがち。
ところがその結果血行が悪くなり、余計に症状が重くなる場合が。
出血がひどい状態は避けるにしても、不調からの回復が早くなるので生理時は軽く体を動かした方がよいのです。

骨盤まわしストレッチが生理時の不調に効く?

「骨盤まわしストレッチで体を動かそう」

出典:http://www.drollech.com

生理時の不調によいという骨盤まわしストレッチですが、何が良いのでしょうか?
骨盤を大きく回すと血流が良くなるだけではなく、内臓の機能が高まり体が内側から温まります。
冷えは経血の排出を困難にして生理痛を引き起こすので、冷えがなくなることで痛みも軽減するのです。

骨盤まわしストレッチのやり方

「骨盤を大きく回して内臓機能をアップ」

出典:http://health.goo.ne.jp

骨盤まわしストレッチのやり方は、腰に手をあて、足は肩幅位に開いて立ちます。
上半身を真っ直ぐに保ったまま、ゆっくり腰を大きく回します。
この時足の裏が床から浮かないように気をつけましょう。
10回行ったら、反対回しも同じ回数行います。

骨盤まわしストレッチの前に準備運動も

「骨盤を前後、左右に動かして」

出典:http://www.livestrong.com

骨盤まわしストレッチをやったことのない人は、まずは骨盤を動かすことに慣れるため、骨盤を前後、左右にゆっくり動かしてみては?
真っ直ぐ立って脚を肩幅に開くことは同じで、上半身は動かさずに腰だけ動かすように意識しましょう。

いかがでしたか?
骨盤を回す動作に慣れてきたら、今度は8の字を描くように動かしてみましょう。
より複雑な動きができるようになることでインナーマッスルも鍛えられるので、筋肉が動くことでより多く熱が生み出され、ウエストシェイプにもなります。

まとめ