自分でラクラク対策!ワキガ・多汗症の方のための“正しい洗い方”

自分でラクラク対策!ワキガ・多汗症の方のための“正しい洗い方”

ワキガ・多汗症が悩み…。

出典:http://woman.excite.co.jp

「ワキガ・多汗症の臭いが気になって仕事にならない…」
「この臭い、自分でどうにかならないのかな…」
そんな悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

ワキガ・多汗症を完全に治すためには、手術が必要となってきますが、正しい洗い方さえ行えば、自分で臭いの対策をすることは可能です。

そこで今回は、“正しい洗い方”を中心とした自分でできるワキガ・多汗症の対策方法をご紹介していきます。

そもそもワキガ・多汗症の原因って?

出典:http://dictionary.goo.ne.jp

ワキガ・多汗症の正しい洗い方・対策方法をご紹介するまえに、ワキガ・多汗症の臭いの原因について知識を深めていきましょう。

主に人の体には、“常在菌”という微生物(細菌)が存在しています。

この常在菌が、汗に含まれている栄養素や皮脂を分解することにより、独特なワキガ・多汗症の臭いがでてしまいます。

ただし、すべての人の常在菌がワキガ・多汗症の臭いを出すわけではなく、常在菌には“不快な臭いを出すもの”と“出さないもの”に分かれてるのです。

常在菌にはさまざまな種類が存在しますが、代表的なものとして“表皮ブドウ球菌”や“黄色ブドウ球菌”、“真菌”などがあげられます。“

黄色ブドウ球菌”は“良い常在菌”として分類されており、正常な皮膚の場合は皮脂や汗の中の栄養素を分解し肌を清潔に保ち、さらに臭いも抑える働きを持っています。

反対に、“黄色ブドウ球菌”や“真菌”はアルカリ性の環境が好物で、皮脂や汗の中の栄養素を分解し悪臭を放ってしまう“悪い常在菌”。

つまり、“表皮ブドウ球菌”が活発化している皮脂は臭いも軽減され、“黄色ブドウ球菌”や“真菌”が活発している皮脂は悪臭を伴うというわけです。

ワキガ・多汗症におすすめの石鹸

出典:http://item.rakuten.co.jp

それでは、ワキガ・多汗症の正しい洗い方をご紹介します。

まず、ワキガ・多汗症の対策としておすすめの石鹸は“重曹石鹸”と“ミョウバン石鹸”。
この2種類の石鹸を使うとさらなる効果が見られますが、無い場合や面倒な場合はどちらかの石鹸だけでもOKです。

●ワキガ・多汗症の正しい洗い方
まず最初に重曹石鹸を少量とり、撫でるように優しく脇の下を洗いぬるま湯で重曹石鹸を洗います。
続いて、ミョウバン石鹸で同じように脇を洗い、ぬるま湯で流していきましょう。

“重曹石鹸”には菌をしっかり洗い流す効果があり、“ミョウバン石鹸”には肌を酸性に保つ効果があります。
全身に使用することができるので、ワキガ・多汗症に限らず臭いが気になる場所に使用してみると良いかもしれません。

おすすめの石鹸がない場合の正しい洗い方

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

ワキガ・多汗症の対策としての正しい洗い方は“優しく洗う”ということです。

実は、体は洗えば洗うほど臭いがキツくなってしまいます。
皮脂を傷つけることで“黄色ブドウ球菌”や“真菌”などの有害菌を繁殖させ、これらの菌が角質や垢を食べてしまい悪臭を発生してしまうからです。
つまり、身体に“表皮ブドウ球菌”が残るように優しく洗うことが大切なのです。

ワキガ・多汗症の正しい洗い方として、まずは泡立てネットなどを使い、石鹸を泡立てましょう。
洗顔をするときのようにきめ細かいふわふわの泡を作りだすことがポイントです。

「泡だけで汚れや臭いはとれるの?」
と不安な方もいるでしょう。

皮膚の汚れや細菌、臭いは泡の力だけで十分落とすことができます。
かえって力をいれて洗うと皮膚を傷つけマイナス効果となってしまうので注意してください。

泡でワキや体を洗うときのポイント

出典:http://kirei.woman.excite.co.jp

ワキガ・多汗症の対策として、石鹸をよく泡立て脇を洗うということを説明しましたが、このときのポイントも一緒にご紹介します。

ふわふわな泡を脇につけ、肌を優しくマッサージするように洗うことがポイントです。
しっかりと泡立っていればそのきめ細かい泡が毛穴まで届き、汚れを落とし臭いを解消してくれます。

とくに、脇は身体の中でも皮膚が繊細。
ですので、泡で洗うことを徹底して行っていきましょう。

泡を脇の下に塗って、数分放置し成分を浸透させてからシャワーで遠くから優しく洗い流してください。

正しい洗い方以外のワキガ・多汗症対策

出典:http://hadalove.jp

最後に、ワキガ・多汗症の正しい洗い方以外にも効果的な対策をご紹介していきます。

●出かける前には必ず制汗剤をつけましょう
外出先で臭いが気にならないよう、出かける前から対策を始めましょう。
最初に濡れたタオルorウェットシート等で脇をふき取り、制汗剤をつけます。
お風呂に入って脇を洗ったあとは清潔ですが、夜寝ている間に人はたくさんの汗をかくため、細菌が繁殖しています。
細菌が残った状態で制汗剤を使用しても意味がないので、最初に拭取るようにしましょう。

●汗をかいたらこまめに拭きましょう
汗の臭いを感じてからではなく、汗が出た時点でこまめに拭き取るよう心がけてください。
このときも、ゴシゴシ拭取るのではなく優しくなでるように汗を拭きとりましょう。
菌が繁殖する前に拭取ることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、脇の“正しい洗い方”と自分でできるワキガ・多汗症の対策方法をご紹介しました。
ワキガ・多汗症の対策は難しいことではないので、自分のためにも、周りの人のためにも、できる対策は行いエチケットを大切にしていきましょう。