生理が終わる閉経期の50代が分かれ道!骨粗鬆症になりにくい体を作る栄養と運動を知ろう

生理が終わる閉経期の50代が分かれ道!骨粗鬆症になりにくい体を作る栄養と運動を知ろう

骨粗鬆症はどうしてなるの?

出典:https://www.pinterest.com

骨粗鬆症は男女共にかかりますが、特に多くなるのが閉経後の女性で、骨に小さな穴が増えてもろくなることから始まります。
50代は生理も終わりを迎え、ホルモンの分泌バランスが変化し始める時期。
背が縮んだり、姿勢が悪くなっていたら要注意です。
将来寝たきりにならないよう、必要な栄養や運動を意識しましょう。

女性ホルモンのエストロゲンが関係する骨粗鬆症

出典:https://www.pinterest.com

50代はホルモンのバランスが乱れがちになる年代。
閉経後、エストロゲンという性ホルモンの量が急に減ることで、新しく骨を作り出す骨芽細胞の活動が低下してしまいます。
しかも女性はもともと男性に比べて骨の量が少ないため、骨が増やせなくなることで影響を受けやすいのです。

治療の一環としてエストロゲンを補充する方法もあるのですが、乳がんにかかるリスクが上がってしまうという弊害も出るのが問題です。

女性ホルモン以外の骨粗鬆症の原因とは

出典:https://www.pinterest.com

骨粗鬆症にかかりやすくなる原因は、老化によるホルモンバランスの乱れだけではありません。
過度の飲酒や喫煙、ビタミンDやビタミンKの不足、カフェインの摂り過ぎも影響を与えます。
アトピー性皮膚炎炎などの治療で使われる、ステロイド剤が原因の薬物性骨粗鬆症も存在します。

体を作る原料となるからと、動物性タンパク質を摂り過ぎるのも骨芽細胞にとっては実はよくありませんが、よほど過度に摂らない限りは大丈夫なので、女性の場合は心配しなくてもよいでしょう。

50代になったら骨密度検査を受けよう

出典:http://www.yoro-seikei.or.jp

60代ともなると、女性の3人に1人は骨粗鬆症にかかっているという割合の高さですが、50代ならまだまだ取り戻せる時期。
骨粗鬆症は傷みが発生しないので検査をしないと気がつきにくいため、気がついた時には進行していることが多いもの。
50代になったら一度骨密度検査を受けて、現状を知っておくとよいでしょう。

まだ骨粗鬆症になっていない人は毎年検査をする必要がありませんが、検査結果が悪ければ治療の必要があります。
薬は活性型ビタミンD、ビタミンK、カルシウム製剤などを処方されることが多いのですが、実はカルシウム製剤も飲んだだけでは骨が改善されません。
運動もしないと沈着しないので、やはり定期的な運動も必要なのです。

骨粗鬆症を防ぐために心がけたい食事とは

出典:http://www.shirasuya.com

前述のようにビタミンDは骨の再生に必要ですので、それらが含まれたあん肝、しらす、いわしの丸干し、いくらなどををせっせと食べればよいのでしょうか? 
ところがこれらの食品はプリン体を多く含むので尿酸値が高くなりやすく、食べ過ぎは禁物。
ビタミンKも同様で、植物油や納豆、緑茶や紅茶に多く含まれますが、植物油も摂り過ぎは体脂肪を増やしてしまいますし、緑茶や紅茶はカフェインが多く含まれ、骨粗鬆症にはよくありません。

体にいい反面悪い面もあるとはなんだか矛盾するようで、何を食べればよいのか困ってしまいます。
ダイエットでもそうですが、食べ物を単品で摂って健康を取り戻そうとすると弊害が現れるものなのです。
色々な食品をバランスよく食べ、その上で特に必要な食品を少々多めに摂る程度にしておきましょう。

運動習慣をつけて骨粗鬆症を防ぐ

出典:https://www.pinterest.com

重い荷物を持ったり刺激を受けると骨に電気刺激が伝わり、骨密度が増していきます。
そのため陸上選手などは一般人よりも骨密度が高いのです。
一般人も適度な運動をして骨を刺激する必要がありますが、簡単な方法としてバックパックに少々荷物を入れ負荷をかけた状態で、ウォーキングをすることはお勧めです。
登山家の三浦雄一郎さんが足に重りを付けてウォーキングをしていましたが、あれも骨密度アップには有効です。

またシミやシワの原因になるからと、日光に当たらないようにする人が増えましたが、ある程度は日光も浴びないと骨芽細胞の活動に必要なビタミンDを体内で合成できなくなってしまいますので、顔などの美容的な日焼け対策はしつつも、ぜひ日中の外出を。

50代は色々な老化のサインが現れてくる年代ですが、まだまだ健康を取り戻せる位置にあります。
それには正しい栄養知識を持って、毎日の食事を食べることが必要。
よく今日食べたもので未来の体が作られると言いますが、無自覚に食事をするのと、その日足りない栄養素を意識できるのとでは、将来の健康状態も大きく変わってきます。

運動にも同じようなことが言え、今日した運動で未来の骨と筋肉が作られると言っても過言ではありません。
刺激は骨を強くし、筋肉がつけば骨をサポートして不具合を防ぎます。
運動し続けることで身体能力を保つことができれば、老人になった時に転倒の危険性も減るのです。
自分の将来の姿を思い浮かべれば、おのずとやるべきことが見えてくるはず。
今日から意識して骨粗鬆症から遠ざかる生活を送りましょう!

まとめ