自然パワーの効果に期待大!辛い生理にハーブティーが効く

自然パワーの効果に期待大!辛い生理にハーブティーが効く

生理の辛さ対策に食べ物を考えるならハーブ

出典:http://nemuri-lab.jp

来ないと困るけれど、来ても困るのが生理。ブルーデーとはよく言ったもので、生理中は不快な症状を伴う人も少なくないでしょう。
特に困るのが生理不順や生理痛。ホルモンバランスが崩れたりしていると、より重くなってしまうことも。
あまり薬に頼りたくない、という人はハーブティーはいかがでしょうか。

生理痛には薬?

出典:http://gafpsp.org

重い生理痛が慢性化している人の中には、鎮痛剤を利用している人も多いのではないでしょうか。
辛い痛みに効果はありますが、一方で飲み過ぎの副作用も心配になります。鎮痛剤は用法も決まっているので効きが悪いからといって増量して使うわけにもいきません。
また、胃が荒れるものもあり、生理痛は収まったけれど、今度は胃痛という事態になってしまうことも。薬を使うことが悪いわけではありませんが、使いたくないシーンもあるので、薬以外で辛い症状を緩和させる方法を考えてみましょう。
漢方のような緩やかにアプローチする薬もありますが、ハーブティーを試してみませんか。ハーブには様々な効能があります。またお茶にすることであたたかい飲み物として摂取できるので、生理が重くなりやすい冷えの対策にもなります。

リラックス効果があるハーブ

生理痛など、生理に関係して起こる不快症状は、緊張状態にあると悪化します。そのため、リラックスできるハーブは、生理に効くのです。生理痛が起こるのは、実際の炎症などが原因とは限りません。
リラックスできるハーブには、カモミールが知られています。カモミールは眠る前に飲むといいとも言われていて、安眠のハーブとして知られています。

体をあたため、血行を促進するハーブ

出典:http://pmslab.com

カモミールは体をあたためるハーブでもあります。
冷えは万病の元と言われています。冷え改善できるハーブも生理不順や生理痛の時、飲むといいでしょう。

サフランも冷えに効果があり、生理痛や、生理不順にも効きます。メンタルを落ち着かせてくれる作用もあり、生理で暗い気持ちになりすぎる人などにはうれしい効能です。

体をあたためるジンジャーや唐辛子をブレンドしたハーブティーもおすすめ。体が芯からあたたまります。あたたかい体とおちついた気持ち。生理痛の苦しみをやわらげるには、この両方がとても大切です。特に見落としがちな内面へのアプローチですが、イライラしすぎること自体が本人の負担になっている場合もあります。改善すれば症状を感じる気持ちも落ち着くことができるでしょう。

体をあたためるハーブは、あたたまった結果、血行を促進してくれます。血の巡りが悪いと生理痛だけでなく、肩こりや偏頭痛も引き起こしやすくなります。天使のハーブと言われるアンジェリカルートは冷え性やPMSにも効果的。痙攣を沈める作用もあります。
利尿作用があることから風邪にも有効なハーブですが、多様な効能もあり、使用しすぎには注意が必要なハーブです。

サフラワーにも同じような効果があり、重たい生理の不快症状を緩和してくれます。

ホルモンバランスを整えるハーブ

出典:http://azumino-herb.cocolog-nifty.com

生理にまつわる症状の対策にはホルモンバランスを整えることは非常に重要です。ホルモンバランスもハーブで整えることができます。
チェストベリーもそのひとつ。ホルモン中枢の脳下垂体に作用します。女性ホルモンのバランスをととのえてくれるハーブは生理だけでなく、更年期障害など、女性ホルモンが影響を受ける症状全般に効果があります。
女性ホルモンのバランスが崩れると生理不順につながったり、生理が重くなるケースがあります。ホルモンバランスを整えることはとても重要なのです。

痛みを緩和してくれるハーブ

出典:http://www.verygoodtea.com

痛みが強い生理痛の場合、鎮痛剤を利用するのもいいですが、ハーブにも鎮静作用があるものがあります。鎮痛剤が効くメカニズムは痛みを感じる神経に対してのアプローチです。
ハーブでは、痛む部位の痛みの原因にアプローチする方法があります。例えばラズベリーリーフは生理痛に効くと言われるハーブですが、ラズベリーリーフにはラフガリンという成分が含まれており、これは子宮や骨盤まわりの筋肉を緩めてくれます。子宮が緊張する痛みの生理痛には、痛みの原因そのものに効果があるのです。
母乳の出がよくなったり、マタニティハーブとしても有能なラズベリーリーフは、女性にまつわる症状である生理痛やPMSにも効果的です。

ハーブティーは何気なく飲んで楽しむのもいいですが、効能を知っていると、よりおいしく、効果的にいただくことができます。
お茶を楽しむ感覚で香りを楽しみながらリラックスしてみましょう。辛い生理痛で気持ちが沈んでいる時も、あたたかなハーブティーでリフレッシュすれば、暗い気持ちがぬぐえます。
ブルーな気持ちを明るく切り替える、メンタル面でもハーブティーは生理の不快症状に有効なのです。

まとめ