0でなければまだ妊娠の可能性も!30代の私が生理不順で偶然受けた不妊検査の思いもよらない結末

0でなければまだ妊娠の可能性も!30代の私が生理不順で偶然受けた不妊検査の思いもよらない結末

「あの時までは。子供が持てないと言う悩みは人事だと思っていたんです・・・。
不妊検査を受けたきっかけも、ただ将来より元気な子供を産むためだったんです。」
30代を過ぎて妊娠しようとする現代女性が持つ知っておくべき現実があります。
生理が不順ならそれはもう黄色信号かもしれませんよ!

生理周期と不妊サイン

出典:http://weheartit.com

きっかけは生理がいつもより早く来るようになったことでした。生理が来ないわけではなかったし、年齢がまだ30代前半だったこともあり「仕事の疲れが出ているのかな」くらいに思っていたんです。ある朝、会社に出勤する前の母との何気ない会話の中で、
「生理日数が短くなりすぎると妊娠に影響が出始めるかもしれないから、もし将来子供が欲しいなら、早めに不妊専門クリニックで受診しておいた方がいいわよ。」
とアドバイスを受けました。その時は「まぁそのうちね」と気軽に考えていたんですよね。

でも有給が余ったのをきっかけに、クリニックに行った結果・・・先生から思いもよらない結末を言い渡されるのです。お医者様から言われた言葉は「年齢より卵子が老化しています。自然妊娠の可能性は低いと考えていて下さい」と。

実際の年齢と卵子の老化はイコールではない

出典:http://weheartit.com

卵子の老化の影響は30代後半からが本番、ここから現実的な問題が始まる人が多いと言われています。その影響が出始めるのは40歳辺りからが一般的で、生理周期が短くなると言う現象が現れて来ます。しかし生活習慣の影響によっては30代前半でも生理周期が短くなる場合があるんです。

・残業が続いてしまった
・彼や家族とのトラブルで過剰なストレスを受けた

等により、たまたまホルモンバランスが崩れて生理不順になっている可能性もあります。しかし30代前半でも不妊検査を受けてみると、既に卵子が老化してしまっているケースが。生理周期が短くなっている場合「まだ私は大丈夫」と思っていると、取り返しがつかない結果になってしまうかもしれないんです。

卵子が老化すると出るホルモンに要注意

出典:https://jp.pinterest.com

通常卵子は脳からの司令を受けて卵胞を育ててくれます。しかし何らかの影響で体に負担が掛かってしまうと、卵子の働きが鈍くなり始め、それを補うために脳からFSHと言う卵胞刺激ホルモンが大量に分泌されるようになります。人間の体はこのホルモンを放出することにより、卵巣を守ろうとしてくれるのです。不妊検査では生理中を狙ってFSHのホルモンの量をチェックします。卵子が老化するほどFSHは高いはず。

・自然妊娠ができる女性の数値目安は10mIU/mL以下
・体外受精で妊娠を望む場合の数値目安は15mIU/mL以下
この基準をクリアしているならまだ大丈夫との試験結果が出ています。私と同様のケースですが、検査結果で突然「FSHが10mIU/mL以上だと」つきつけられ、絶望して泣き出す女性も少なくないそうです。しかしまだ諦めてはいけません。パニックになる気持ちは十分分かります!でもまだ希はあるんです。カウフマン療法でFSHの値が低下する可能性があるのでなんとか踏ん張ってがんばってみましょう。

しかしながら、現実、FSHの数値が高い=卵巣の反応が鈍くなっているのは明らかな結果。
採卵個数はが激減したり、薬剤の投与数は増加する可能性が出てきます。
とにかくこれから妊娠を望む女性は、生理周期をチェックして自分の体を大切にして行きましょう。

もう一つの数値!0でなければ妊娠の可能性

出典:http://weheartit.com

もう一つ卵子の状態を確認するのに、目安となる数字があります。それはAMH。これは卵の元になる細胞の残りの数を表しているんです。人間は生まれる前の胎児だった時に平均で卵子を700万個持っています。その数は生まれると同時に1/3に減少。初潮が始まると1/10まで一気に少なくなって行き、以後毎月1000~2000ずつ減っていくと言う計算になります。これは1日辺りで計算すると、毎日約50個前後の卵子が無くなっている!と言うことになるんです。

なんと、調べるのが恐ろしいこのAMHの数値は、不妊検査で答えを聞くことが可能。年齢によっての目安はあるものの、年齢=残りの卵子の数にはなりません。正しい生活を送っていた人や、元々体が強い人は30代を過ぎても良い数値が出る可能性が残っています。基準値としては3ng/mL以上あれば安心と言われているんですよ。

データを比較してみると、検査した半分の女性は年齢に相応な結果が出ていると言われています。
1/4が実年齢より若く、1/4が実年齢より高齢な卵子数となるそうなので、何か引っかかる方は、できるだけ早く検査を受けてみるのをおすすめします。万が一この値も先程のFSHも低めだったからといって「もう排卵できないのかな・・・」と悲観するのはまだ早いんです。AMHは残りの卵子数なので、本当に0になるまでは妊娠の可能性はあるということですよ!もし子供を望むのなら、生理の大切さをもう一度考えてみて下さいね。

母になる奇跡

出典:http://weheartit.com

不妊の原因は人それぞれ違います。元々体が弱い方もいれば、体を大切にして来なかった方もいる。仕事や家庭環境の影響で仕方なく婚期が遅れる場合もありますよね。もしかするとそれは頑張っている人程、無理しているから体に影響が出ている可能性もあるんですよ。30代で母になること=当たり前の時代はもう終わりつつあります。生理はきちんと来ている等、可能性が残っているなら、その素晴らしさを大切にして行きましょう。

まとめ

いかがでしたか。「もしかしたら自分も・・・」なんて心辺りがある方、いらっしゃいますよね。
早く動けばそれだけ対処法がある。可能性が残せるかもしれません。30代は不妊の可能性がスタートする世代。生理が来ることを大切に、周期をきちんとチェックして行きましょう!