急な温度変化に気をつけて!!ひんぱんな温度変化がニキビの原因に。

急な温度変化に気をつけて!!ひんぱんな温度変化がニキビの原因に。

保湿の重要性がわかっている人はどれくらいいるでしょうか?実は日本は温度変化が激しいことが特徴で、それが元でニキビが発生する肌環境にもなるんです。今回は夏の温度変化と、それに伴うスキンケア対策をご紹介します。


あっつい夏、汗もダラダラ出てくる季節ですよね。

そんなときに保湿のことなんて考えないですし、肌が乾燥するだなんて思いもしない人が多いのではないでしょうか?実は夏は外と室内との温度変化が激しくて、それが原因で肌のバリア機能が低下してしまうんです。

今回は夏場の温度変化とニキビをふせぐ対策をご紹介します。
少し気が早い話題と感じる方もいるかと思いますが、春で急に暑くなる日や今後の対策として頭の片隅に入れておいてくださいね。

肌のバリア機能を知っておく

あなたの肌バリア機能大丈夫?

まず肌のバリア機能について知っておきましょう。肌の角質層は一般的に15〜20%の水分を保持しています。この水分と皮脂が重なってできた構造を「ラメラ構造」と言い、肌のバリア機能を担っています。ラメラ構造により肌の水分量を保ち、外部の刺激をシャットアウトします。しかし外部の刺激によってラメラ構造の機能が失われ、バリア機能が低下して外的刺激に弱くなってしまうのです。

肌バリアとは、水分と皮脂で刺激から守ってくれる層

日本の夏は湿潤。でも・・・

湿度が高い日本の夏、でも・・・

日本の夏は特に湿度が高まりジメジメする季節です。気温も高いため汗や皮脂が大量に出るなど、乾燥とは無縁の季節にも感じられます。この考えは間違いではありません。しかしそれは肌のバリア機能が十分に働いている状態です。もし何らかの理由によりバリア機能が低下したら、いくら湿潤でも肌は乾燥してしまうのです。

夏は肌バリア機能が低下しやすい!?

外と室内の温度差が大きすぎる

湿度が高めの夏ですが、実は肌のバリア機能が低下しやすい季節でもあります。その原因は外と室内の温度差によるものです。外で汗をかき気持ち悪いからと洗顔を頻繁に行い、室内のクーラーが効いた部屋で肌が乾燥することを繰り返すと、肌のバリア機能は衰えてしまうのです。

またこの外と室内の行き来を頻繁に行うことによって、体がストレスを感じ、自律神経のバランスが崩れ、ホルモンのバランスが悪くなってしまい、ニキビへとつながります。

それを踏まえ、夏場は温度対策や乾燥対策をする必要があります。

室内だとクーラーの影響で温度が低い!

夏場の対策:冷房対策をする

どんなに暑くてもカーディガンを常備

日本国内ならほとんどの施設が夏場は冷房をつけていることでしょう。外から入った時の急激な温度変化は体を冷やすことにもなるので、その対策が必要です。カバンに入るくらいのカーディガンなど薄めの長袖を常に持ち歩いて、室内に入ったら羽織るように心がけてください。

夏場の対策:汗をかいたら頻繁にふく、水洗いをする

汗をかいたらこまめに拭き取る

夏外に少し出ただけで汗をかきます。出てきた汗は清潔なハンカチやタオルでこまめに拭きとりたいですね。その時ゴシゴシではなくハンカチを押さえつけるようにしてなるべく刺激を少なくします。また外から帰ってきたら、水洗いを行って汗や汚れを落とし、スキンケアして乾燥を防ぎます。

楽しんだ後はしっかりスキンケアしよ♡

夏場の対策:保湿

保湿をなるべく心がけて!

汗や皮脂が大量に出るので保湿は必要ないと思いがちですが、夏も保湿が重要になってきます。外出先などで水洗いした後もしっかりとした保湿をします。また化粧直しの前でも保湿を心がけます。ただ使い心地がさっぱりした製品は保湿能力が低い場合があるので、肌の奥まで浸透するセラミド入りなど保湿力が高いものを、バッグに常に入れて持ち歩きましょう。

夏場の対策:紫外線対策

夏場は特に紫外線が強い!

夏の特に強い外部の刺激といえば紫外線です。紫外線はニキビだけではなくあらゆる肌トラブルの原因になります。紫外線には日焼け止めが有効ですが、PA+++、SPF30などをこまめに定期的に塗ると良いですね。スポーツやレジャーの日以外はなるべく低い成分をこまめに塗って刺激を低くします。

日傘をさすのも良い♪

乾燥に有効な成分とは?

セラミドやNMF(天然保湿因子)が有効

スキンケアには保湿力が高い成分を選ぶと良いと言いましたが、一体どんな成分が良いのでしょうか?化粧品の内容成分をしっかりチェックしましょう。

・セラミド
砂漠地帯でも保湿力を維持すると言われるくらい、高い保湿成分です

・NMF(天然保湿因子)
アミノ酸の一種で角質層に存在します。

ミストスプレーなどは軽い付けごこちで気持ち良いですが、保湿力が低い可能性があります。しかしメーカーによってはしっかりと保湿成分を配合しているアイテムあるので、使用成分をしっかりと見極めることが重要です。

これらの成分でたっぷり保湿しよう♡

まとめ

夏場の温度変化についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

日本の夏は特にジメジメするので乾燥とは無縁!なんて思いがちで乾燥対策なんて考えてなかった人もいるのではないでしょうか?肌を守ってくれるバリア機能は外と室内との温度変化や強い紫外線によって壊れてしまうことがわかりましたね。

夏場のスキンケアは、汗を頻繁に拭いて水洗いし、保湿を心がけて日焼け止めもこまめに塗っていきましょう。また室内の冷房対策もしっかりと行いたいですね。

この記事のライター

hanimi[ハニーミー]の公式アカウントです。

関連する投稿


【ワキガ・多汗症】夏のベトベト汗は改善できる!?エクリン腺を鍛えてサラサラ素肌を手に入れよう

【ワキガ・多汗症】夏のベトベト汗は改善できる!?エクリン腺を鍛えてサラサラ素肌を手に入れよう

夏の汗はベトベトして嫌…という人!そのベトベト汗はサラサラにできるんです♪ポイントは『エクリン腺を鍛えること』。今回は、ベトベト汗になる原因や汗腺を鍛えるトレーニング方法をまとめました。


ニキビができやすい肌質は体質遺伝なの?ターンオーバーを正常化してニキビに負けない肌へ!

ニキビができやすい肌質は体質遺伝なの?ターンオーバーを正常化してニキビに負けない肌へ!

あなたがニキビができやすい理由は体質遺伝かもしれません。遺伝は防ぐことができませんが、現在の肌質を改善することは可能です!肌のターンオーバーを「正常化」させてニキビに負けない肌を作りましょう♡


乾燥する“冬”は大人ニキビが発生しやすい季節!○○で対策してニキビフリーの肌へ

乾燥する“冬”は大人ニキビが発生しやすい季節!○○で対策してニキビフリーの肌へ

「冬なのに、最近ニキビが多い…。」そんな悩みを持つみなさん!実は冬もニキビができやすい季節なんですよ。冬だから知ってほしい&行ってほしい対策をご紹介します。


皮脂分泌量は体質遺伝する?ニキビの原因を作る肌質とは

皮脂分泌量は体質遺伝する?ニキビの原因を作る肌質とは

親がニキビができやすい体質だと、子もできやすい?肌質や皮脂分泌量は体質遺伝するのでしょうか。ニキビの原因を作る肌質を知っておきましょう。


アポクリン汗腺がワキガ・多汗症の原因に!原因を知って夏の分泌腺ケアを

アポクリン汗腺がワキガ・多汗症の原因に!原因を知って夏の分泌腺ケアを

汗をかきやすい夏、分泌腺の一つアポクリン汗腺はワキガ・多汗症の原因になりがち。臭いの発生メカニズムを知って、分泌腺ケアをしましょう。


最新の投稿


【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

夏はさっぱりとした食べ物が欲しくなる季節。そんな夏にダイエットするなら口当たりの軽いヨーグルトを取り入れましょう!ダイエット効果、方法、おすすめのトッピングをご紹介します。


【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

夏に気になる汗臭さ。汗をかくことが多くなるので、学校、職場、外出先で自分の臭いが気になることも多いですよね。そこで今回は、汗臭さを解消する臭い対策商品と対策法を6つご紹介します。


痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

ニキビは頭皮にもできるんです!頭皮ニキビを放っておくと薄毛になることも…。すでにできてしまった人も、予防したい人も4つのステップで予防・改善につなげましょう。


【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

夏に生理痛が発生する、強くなるという人は、腹痛を引き起こしてしまうNG行動を行っている可能性があります!夏にやりがちなNG行動を6つ解説し、意識したい生理痛対策をまとめてみました。


『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

バストが小さい、ハリがないと悩んでいる人の原因は、脇や背中に脂肪が流れているからかもしれません。バストアップには『外から内へ』を意識したマッサージが効果的なんです♪