40代がピークの病気「乳がん」。定期検診以外にやっておくべきコト

40代がピークの病気「乳がん」。定期検診以外にやっておくべきコト

女性特有のがんのうちの一つ「乳がん」。知らない間に進行すると死亡する可能性も高まります。今回は乳がんを早期発見するために定期検診以外で自分でやっておくべくことをまとめました。


日本女性の発症するがんで「乳がん」が一番多いことをご存知ですか?

女性の体を象徴する乳房に発症するがんは、実は40代がピークとされています。一体どうしてなのでしょうか?今回はその理由と乳がんの定期検診以外でやっておくべきことをご紹介します。

女性のがん発症部位で一番多いのが乳房

乳がんで死亡する人が増えている・・・

女性が発病しているがんの中で一番多い場所が「乳房」だということをご存知ですか?

2008年ごろの順位は1位・乳房。2位・大腸、3位・胃、4位・肺、5位子宮となっておりその頃から乳がん患者は多いのです。現在でも発症率は年々増加しています。

現在、日本人女性の乳がん患者は急増しています。1999年には、がんにかかる女性全体の中で、乳がんになる人は胃がんを抜いて第1位になりました。2004年から、 乳房(上皮がん含む)罹患数は5万人を超えています。女性が一生の間に乳がんになる確率は14人に1人とされています。しかも、死亡数も年々増えているのです。

40代が発症のピークです

エストロゲンの減少が理由とされている

乳がんは40代でピークになるがんと言われています。その原因が女性ホルモンのエストロゲンです。エストロゲンは乳房の発達に大きく影響してくるホルモンですが、更年期を境に一気にその量を減らします。量が減った状態で少しでもエストロゲンを取り込もうと、体内でエストロゲン受容体が増加し、細胞分化や細胞増殖が促され、その過程でがん細胞になると考えられています。

さらに現代日本の食事事情も乳がんの増加に影響しているようです。

体格の向上や食生活の高脂肪化により、日本女性の体内ではより多くのエストロゲンが分泌されるようになっています。こうした状況で乳腺は、何らかの発がん刺激によって傷ついた細胞が、エストロゲンの影響を受けて増殖し、がん化しやすい状況だといえるのです。

先進国で日本だけが乳がんが増加している・・・

40代以上なら2年に一度の定期検診が無料

定期検診は積極的に受けましょう

40代以上だと住民票がある市町村ごとで乳がん検診が無料で受診することができます。基本的にマンモグラフィー検査ですが、希望によってはエコー検査も受診できるようです。これは乳がんが増えている現状を鑑みた政府の政策ですので、ぜひ受診するようにしましょう。

市町村で実施している乳がん検診は、40歳以上の女性を対象に、2年に1回の頻度です。

乳がんは遺伝する可能性が高い

乳がんになりやすい人がいる・・・

最近の研究で乳がんになりやすい遺伝子があることが発見されました。つまり親から子へと乳がんが遺伝してしまう可能性が高いのです。乳がんのハイリスクかどうかを確認するために下記のチェック項目を見てみましょう。

チェックが多いほど、ハイリスクの可能性があります。

□ 50歳未満で乳がんを発症した血縁者がいる
□ 年齢を問わず、卵巣がんになった血縁者がいる
□ 年齢を問わず、血縁者に初発乳がんを2個以上発症した人が1人いる
□ 血縁者に男性乳がんになった人がいる
□ 乳がんになった血縁者が3人以上いる
□ BRCAという遺伝性乳がんの遺伝子変異が確認された血縁者がいる
□ 抗がん薬、分子標的薬、ホルモン療法薬のいずれもの治療が難しい(トリプルネガティブ)といわれた乳がんの血縁者がいる

月に一回の自己検診で早期発見を目指そう

月に一回自己検診をする!

2年に一度の検査があるとはいえ、乳がんは早期発見が大切ながんになります。それには月に一回自分で乳房をチェックすることが必要です。生理が始まった5〜7日の間に行うことが推奨されています。

・裸の状態で万歳をして鏡で乳房を確認
・仰向けに寝てわき下・乳房・鎖骨下など満遍なく触る
・4本指をそろえて格子状を描くように触る

そして下記のような症状が自分でもわかる場合は速やかに病院へ足を運びましょう。

セルフチェックで気にしたいこと

食事を和食中心にしてみよう

日本古来の和食が良い可能性が高い

乳がんは欧米では8人に1人が発症している、諸外国でも人口が多い病です。昔は日本人の発症数は少なかったのですが、近年増加傾向にあります。その理由として食の欧米化も考えられるのです。はっきりとした理由は解明されていませんが、日頃の食事を和食に切り替えることもポイントと言えそうです。

癌の患者の食事指導(5000人以上)を長年している幕内秀夫さんが

乳癌の患者の食事がとても似通っていることに気がつきました。

まず80%以上の乳癌患者が朝はパン食で、スパゲティ、ヨーグルト、果物やお菓子を好んで食べている

という傾向があったのでした。

まとめ

検診で早期発見を目指そう

今回は40代がピークのがん「乳がん」についてまとめました。

乳がんは年々日本国内で増加しているがんで、死亡率も増えています。早期発見することで一命を取り留めるがんです。まず市町村が行っている2年に一度の検査をしっかりと受けて、月に一度の自己検診が大切です。

末期になると死亡する恐れもあるがんですので、ぜひ検診を行ってみてください。

この記事のライター

hanimi[ハニーミー]の公式アカウントです。

関連する投稿


40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

子宮ガンとよく一言で言いますが、実際は子宮頸ガンと子宮体ガンに分かれます。40代が発症ピークの子宮体ガンにかからないよう、気をつけたいポイントを見てみましょう。


あらゆる肌トラブルを予防・解消する万能な「ビタミンC誘導体配合コスメ」を取り入れよう♡

あらゆる肌トラブルを予防・解消する万能な「ビタミンC誘導体配合コスメ」を取り入れよう♡

ビタミンC誘導体はあらゆる肌トラブルを改善してくれる、とても人気のある美容成分です。これを見てビタミンC誘導体について学び、ぜひ日々のお手入れに取り入れてみましょう♪


胸が小さい・ハリがない…その悩みはコレで解決!バストアップ大全集

胸が小さい・ハリがない…その悩みはコレで解決!バストアップ大全集

バストのボリュームやハリが気になっているあなた!それならこの方法を試してみましょう♪食事・ツボ押し・マッサージ・筋トレ・ヨガなどバストアップにはあらゆる方法があるんです。今回は悩み別に合わせてHOW TOをまとめました♡


年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

子宮内膜症は、年齢の上昇と共にリスクアップするのが悩みの病気です。ところが20代でもかかる率がゼロとはいきません。気をつけるポイントをまとめました。


不妊治療の前に知っておくべき!不妊の原因になる女性が気をつけたい性感染症

不妊治療の前に知っておくべき!不妊の原因になる女性が気をつけたい性感染症

晩婚化・高齢出産が進む現代日本。不妊治療も有効ですが、不妊にもつながる性感染症について知っておく必要があります。今回は特に気をつけた3つの性感染症をご紹介します。


最新の投稿


【ワキガ・多汗症】改善対策の第一歩は“わきの毛を剃る”ことだった!?その効果と正しい剃り方を伝授♡

【ワキガ・多汗症】改善対策の第一歩は“わきの毛を剃る”ことだった!?その効果と正しい剃り方を伝授♡

ワキガや多汗症で気になることといえば“臭い”ですよね。それを改善する第一歩として“わきの毛を剃る”ことが有効です。わき毛の正しい剃り方も並行して学んで、臭いの改善に努めましょう!


りんごダイエットが短期間で効果絶大!?【1日1食 or 3日間連続】2パターンの方法を教えちゃいます♡

りんごダイエットが短期間で効果絶大!?【1日1食 or 3日間連続】2パターンの方法を教えちゃいます♡

たとえダイエット中でも食べ物を口にすることは大切。でも早く結果が欲しい!という人は『りんごダイエット』を実践してみましょう。短期間で効果が出たという人が続出中なんです♪


ニキビ予防&改善には“ビタミンC誘導体配合コスメ”が断然おすすめ!その驚きの効果とは?

ニキビ予防&改善には“ビタミンC誘導体配合コスメ”が断然おすすめ!その驚きの効果とは?

いろんな種類があるニキビは、“ビタミンC誘導体配合コスメ”を使うことで予防と改善につながります♪知っておきたい嬉しい効果と配合されているコスメをご紹介します!


【置き換え系ダイエット】夜スープなら満足・美味しい・体もポカポカ♪簡単だけど気をつけるべきポイントは?

【置き換え系ダイエット】夜スープなら満足・美味しい・体もポカポカ♪簡単だけど気をつけるべきポイントは?

ダイエットで食事に気を配るのは必須!食事からアプローチするなら置き換え系の「夜スープダイエット」に挑戦しましょう!美味しくて続けやすいから満足すること間違いなしですよ♪


生理痛対策するならココアを飲もう♪甘くて体に優しいココアの魅力とお手軽レシピを公開

生理痛対策するならココアを飲もう♪甘くて体に優しいココアの魅力とお手軽レシピを公開

寒い時期の辛い生理痛は「ココア」で改善しませんか?甘くて美味しいだけではなく、あの痛みも緩和してくれるんです♪ココアの魅力と簡単アレンジレシピをまとめてみました。