不妊治療の前に知っておくべき!不妊の原因になる女性が気をつけたい性感染症

不妊治療の前に知っておくべき!不妊の原因になる女性が気をつけたい性感染症

晩婚化・高齢出産が進む現代日本。不妊治療も有効ですが、不妊にもつながる性感染症について知っておく必要があります。今回は特に気をつけた3つの性感染症をご紹介します。


妊娠を考えた時、年齢によっては自然妊娠が難しい場合があります。

現代は医療技術が進み、不妊治療も一般的になっていますが、それら治療の前に知っておきたいのが、性感染症による不妊の可能です。

今回は不妊の原因となる性感染症をご紹介します。

高齢化になるにつれて妊娠の確率は低くなる

自然妊娠率は年齢が鍵

妊娠し、子供をお腹の中で育んで出産する。その一連の経験は女性にしか得られないものです。

愛する人の子供を産みたいと考えるのは普通の考えであり、適齢期を迎えると一度は妊娠について考える女性も多いことでしょう。晩婚化・高齢化出産が進む現代は自然妊娠の確率も低くなっています。年齢を重ねるごとにその可能性は低くなってしまうのです。

年齢別にみる自然妊娠確率

30代妊娠確率、40代妊娠確率をみると、どんどん確率が低下しています。

25歳 25%~30%
30歳 25%~30%
35歳 18%
40歳 5%
45歳 1%

不妊につながる性感染症:淋菌感染症

淋菌によって感染してしまう・・・

まずはじめに説明するのが「淋菌感染症」です。

淋菌感染症とは「淋菌」の感染によって発症する性感染症です。性行為やその類似行為によって感染します。女性が感染すると自覚症状は少ないため、炎症などの悪化につながります。感染して数日後におりものが増えるのがサインです。

あなたが淋菌に感染して、気がつかないままに放置していると、膣から感染は始まり子宮頸管、子宮内膜、卵管、卵巣、腹膜へと進行していきます。

例えば、卵管が炎症を起こして閉塞してしまうと精子が卵巣を通過出来なくなります。卵子までたどり着けないのです。

不妊につながる性感染症:クラミジア

日本でとても感染が多いクラミジア

性感染症のうちクラミジアに感染すると、まず子宮頚管や卵管で炎症を起こし、次第に子宮頚管や卵管が詰まりやすくなり、卵管性不妊症に至るケースもあります。

性感染症の中でも日本での感染率が高いとされるのが「クラミジア」です。

クラミジアの病原体はクラミジア・トリコモナスという微生物で、性行為によって感染します。これもまた自覚症状が少なく、潜伏期間は1〜2週間です。おりものが増えたり下腹部に痛みが出る場合がありますが、痛みの度合いが低いため見逃されがちになります。

妊娠のために知識をつけておこう

これにも気をつけておきたい!性器ヘルペス

この性感染症も気をつけよう

性器ヘルペスは直接的な不妊の原因とは考えられてはいませんが、気をつけたい性感染症です。性行為の際ウイルスによって感染するのですが、外陰・膣の入り口・お尻に水ぶくれのような症状が現れます。むずがゆさやヒリヒリ感などの症状がサインです。

肉体的・精神的ストレスで再発するケースが高い性感染症です。性感染症になると免疫力が低下し、他の症状の感染にもつながります。

ただし、出産時に胎児が産道にいるヘルペスウイルスに感染すると、新生児ヘルペスになってしまいます。抵抗力の無い新生児がヘルペスに感染すると重病になりやすく、注意が必要です。万一、お産の時にヘルペスができていたら、帝王切開で出産するといった方法をとることも考えなければなりません。無事に妊娠や出産をするためにも、産婦人科の主治医に病気のことをきちんと伝えて下さい。

性感染症の予防法

普段から気をつけることは沢山ある

これら性感染症は不妊につながるケースです。日頃からの予防が大切になってきます。

・性行為を行わない
・同じパートナーと性行為をする
・コンドームの着用
・性行為前にシャワーで体を洗う
・性行為前に排尿、排便を済ませる
・体調不良の際は行わない
・生理中は行わない
・屋外で行わない
・寝具を清潔にする
・タオル、カミソリ、歯ブラシなどを共有しない

などの対策法があります。性行為を行わないことが一番の予防法ですが、妊娠するためには必要になってくるため他の対策を講じると良いでしょう。

パートナーの性感染症に気をつける

パートナーの感染にも気をつけよう

性感染症は性行為によって感染するものです。自分が気をつけていても、パートナーが感染症にかかっていたら意味がありません。また男性が感染していることが原因でも不妊につながってしまうのです。

淋菌感染症では、精子の通り道がふさがってしまいます。クラミジアは無精子症となる可能性があります。性行為の際相手の性器を確認したり、性行為の前にお互いに病院で検査を受けるなど措置を講じる必要があります。

まとめ

胎児にも影響があるので注意が必要!

今回は不妊につながってしまう性感染症についてご紹介しました。

妊娠のために当たり前な性行為ですが、性感染症になる原因でもあります。女性と男性どちらでも感染することによって妊娠の妨げになってしまうのです。

予防法はたくさんありますが、どれが原因ともなりえますので気をつけたいですね。そしておかしいと思ったらすぐに検査を受けることをオススメします。

この記事のライター

hanimi[ハニーミー]の公式アカウントです。

関連する投稿


40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

子宮ガンとよく一言で言いますが、実際は子宮頸ガンと子宮体ガンに分かれます。40代が発症ピークの子宮体ガンにかからないよう、気をつけたいポイントを見てみましょう。


あらゆる肌トラブルを予防・解消する万能な「ビタミンC誘導体配合コスメ」を取り入れよう♡

あらゆる肌トラブルを予防・解消する万能な「ビタミンC誘導体配合コスメ」を取り入れよう♡

ビタミンC誘導体はあらゆる肌トラブルを改善してくれる、とても人気のある美容成分です。これを見てビタミンC誘導体について学び、ぜひ日々のお手入れに取り入れてみましょう♪


胸が小さい・ハリがない…その悩みはコレで解決!バストアップ大全集

胸が小さい・ハリがない…その悩みはコレで解決!バストアップ大全集

バストのボリュームやハリが気になっているあなた!それならこの方法を試してみましょう♪食事・ツボ押し・マッサージ・筋トレ・ヨガなどバストアップにはあらゆる方法があるんです。今回は悩み別に合わせてHOW TOをまとめました♡


年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

子宮内膜症は、年齢の上昇と共にリスクアップするのが悩みの病気です。ところが20代でもかかる率がゼロとはいきません。気をつけるポイントをまとめました。


40代がピークの病気「乳がん」。定期検診以外にやっておくべきコト

40代がピークの病気「乳がん」。定期検診以外にやっておくべきコト

女性特有のがんのうちの一つ「乳がん」。知らない間に進行すると死亡する可能性も高まります。今回は乳がんを早期発見するために定期検診以外で自分でやっておくべくことをまとめました。


最新の投稿


旬の素材「牡蠣」で美味しくダイエット♡牡蠣の驚きの効果とダイエット方法をチェック

旬の素材「牡蠣」で美味しくダイエット♡牡蠣の驚きの効果とダイエット方法をチェック

ぷりっぷりでクリーミーな味わいの“牡蠣”が美味しい季節になってきました♡これからダイエットを始める人も、ダイエット中の人も、牡蠣を使って楽しくダイエットしてみませんか?牡蠣がダイエットに良い理由や方法をまとめました。


【部位別ダイエット〜お尻編〜】キュッと上がった美尻でスタイルアップも夢じゃない♡

【部位別ダイエット〜お尻編〜】キュッと上がった美尻でスタイルアップも夢じゃない♡

ダイエッターのあなた!「お尻」を鍛えることを忘れていませんか?お尻をエクササイズをすることはスタイルアップにつながります。美尻を手に入れるためのHOW TOを学びましょう♡


実は生理前がカギ!生理痛軽減のためにできること10選

実は生理前がカギ!生理痛軽減のためにできること10選

生理痛って本当に憂鬱ですよね。 でも、生理痛を軽減できる方法があるって知ってました? しかも、やるべきなのは、実は生理前! 生理前ってどうしても自分の身体のことを無視しがち。 ただ、それではいつまでもイキイキとした女性でいるのは難しいんです! やり方は難しくありません。生理前に、生理痛対策してみてはいかが?


汗臭くなる季節には重曹石鹸で臭いを予防!重曹石鹸の作り方と正しい使い方

汗臭くなる季節には重曹石鹸で臭いを予防!重曹石鹸の作り方と正しい使い方

体臭予防に重曹石鹸が良いことご存知ですか?今回は重曹石鹸とは何か。どうして臭いに効果的なのか。また、重曹石鹸を手作りする方法などをご紹介します♪


夏が来た!時間がない!短期で効果を出すグレープフルーツダイエットを始めよう♡

夏が来た!時間がない!短期で効果を出すグレープフルーツダイエットを始めよう♡

夏はイベントがたくさん!肌の露出も多くなります。夏までもう時間がないと思っている人は、グレープフルーツをダイエットに食べて短期決戦に臨みましょう。