40代でも赤ちゃんが欲しい!不妊にならないためにやっておきたいこと

40代でも赤ちゃんが欲しい!不妊にならないためにやっておきたいこと

現代の日本んは高齢化出産が増加しています。しかし年齢が上がれば上がるほど妊娠する確率は低くなるのです。今回は40代でも妊娠したい人に試してほしい、妊娠しやすい体づくりについてまとめました。


女性の社会進出もあり晩婚化や高齢出産が増えてきています。

しかし残念ながら加齢に合わせて卵子も老化してしまい、妊娠する確率も低くなるのです。しかし妊娠しやすい体づくりは、日常生活を気をつけることで成功するんです!

40代だとどれくらいの確率で妊娠するのか

45歳を過ぎると一気に下がる・・・

まず気になるのが自然妊娠の確率ではないでしょうか。統計を見るとやはり若いうちが圧倒的に有利ですが、40代前半なら30%の確率が期待できます。しかし45歳以上になると一気に5%に引き下がってしまいますね。

健康的な若いカップルが1年間に避妊せずに性交渉を行った場合、約80%が妊娠できるのに対して、35歳以降で約50%、40代前半で30%台、45歳以降には5%以下になります

妊娠しやすい体を作る方法♡

体の細胞を作るのは食事!

妊娠のキーとなる卵子は年齢とともに老化してしまいます。しかし元気な卵子を育むために今からできることがあるんです。それが「食事」です。冷凍食品など人工的に加工されたものはNG。それに加えビタミンやミネラルなど必要な栄養素を日々摂取することが大切です。

[1]トランス脂肪酸の摂取を避ける。
[2]オリーブオイルやキャノーラオイル等の不飽和脂肪酸の摂取を増やす。
[3]豆類やナッツのような植物性たんぱくを増やす。
[4]無精製の穀物を食べる(炭水化物)。
[5]乳製品は、必ずしも脱脂乳や低脂肪にこだわることはない。
[6]葉酸をはじめとするビタミンB群(Bコンプレックス)を摂取する。
[7]野菜や果物、豆類、そしてサプリメントから鉄分を摂取する。
[8]飲み物は、糖分の多い清涼飲料水は避ける。
[9]適正体重を維持する。
[10]毎日、穏やかな(過激にならない)運動を続ける。

他にもこんな方法を試してみましょう♪

体や子宮を労わることが大切♡

妊娠しやすくするには食事の他にも気をつけることがあります。

・冷え性対策
半身浴など体全体や子宮周りを積極的に温める。体が冷えていると受精卵が着床しづらくなります。

・禁煙
タバコは血流やホルモンバランスに悪影響です。また流産を招く危険性もあります。

・ストレスを解消
ストレスもホルモンバランスを乱す原因になるので、定期的にリフレッシュしましょう。

まとめ

今回は40代でも妊娠するための体づくりについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

妊娠しやすくするためには卵子の質を高める必要があります。それには食事が大きく関わってきますね。人工の加工物や添加物をやめてなるべく自然由来のものを摂取します。また運動や冷え性対策・禁煙などを行うことでより妊娠しやすい体になります。

早速できることから始めてみましょう!

関連するキーワード


悩み 40代 不妊

関連する投稿


40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

子宮ガンとよく一言で言いますが、実際は子宮頸ガンと子宮体ガンに分かれます。40代が発症ピークの子宮体ガンにかからないよう、気をつけたいポイントを見てみましょう。


あらゆる肌トラブルを予防・解消する万能な「ビタミンC誘導体配合コスメ」を取り入れよう♡

あらゆる肌トラブルを予防・解消する万能な「ビタミンC誘導体配合コスメ」を取り入れよう♡

ビタミンC誘導体はあらゆる肌トラブルを改善してくれる、とても人気のある美容成分です。これを見てビタミンC誘導体について学び、ぜひ日々のお手入れに取り入れてみましょう♪


胸が小さい・ハリがない…その悩みはコレで解決!バストアップ大全集

胸が小さい・ハリがない…その悩みはコレで解決!バストアップ大全集

バストのボリュームやハリが気になっているあなた!それならこの方法を試してみましょう♪食事・ツボ押し・マッサージ・筋トレ・ヨガなどバストアップにはあらゆる方法があるんです。今回は悩み別に合わせてHOW TOをまとめました♡


年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

子宮内膜症は、年齢の上昇と共にリスクアップするのが悩みの病気です。ところが20代でもかかる率がゼロとはいきません。気をつけるポイントをまとめました。


不妊治療の前に知っておくべき!不妊の原因になる女性が気をつけたい性感染症

不妊治療の前に知っておくべき!不妊の原因になる女性が気をつけたい性感染症

晩婚化・高齢出産が進む現代日本。不妊治療も有効ですが、不妊にもつながる性感染症について知っておく必要があります。今回は特に気をつけた3つの性感染症をご紹介します。


最新の投稿


【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

夏はさっぱりとした食べ物が欲しくなる季節。そんな夏にダイエットするなら口当たりの軽いヨーグルトを取り入れましょう!ダイエット効果、方法、おすすめのトッピングをご紹介します。


【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

夏に気になる汗臭さ。汗をかくことが多くなるので、学校、職場、外出先で自分の臭いが気になることも多いですよね。そこで今回は、汗臭さを解消する臭い対策商品と対策法を6つご紹介します。


痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

ニキビは頭皮にもできるんです!頭皮ニキビを放っておくと薄毛になることも…。すでにできてしまった人も、予防したい人も4つのステップで予防・改善につなげましょう。


【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

夏に生理痛が発生する、強くなるという人は、腹痛を引き起こしてしまうNG行動を行っている可能性があります!夏にやりがちなNG行動を6つ解説し、意識したい生理痛対策をまとめてみました。


『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

バストが小さい、ハリがないと悩んでいる人の原因は、脇や背中に脂肪が流れているからかもしれません。バストアップには『外から内へ』を意識したマッサージが効果的なんです♪