40代でも更年期障害は訪れる!?その原因と20代からでもできる対策法

40代でも更年期障害は訪れる!?その原因と20代からでもできる対策法

更年期はまだまだ先と思っていませんか?実は40代の女性でも更年期障害に悩まされる場合もあるんです!今回は更年期障害になってしまう原因と、その対策法をご紹介します。


更年期障害は最近ではよく耳にする症状ですよね。

特に症状が現れやすいのが女性で、体調や精神に大きく影響し、患った本人にとっては辛い時期でもあります。その症状は40代の早いうちから発症してしまう人もいるんです!

今回は更年期障害とはどんな症状か?また対策法はあるのか?などをまとめてみました。

まずは知ろう。更年期のこと

成熟期が終わった後に来る更年期

更年期は誰でも迎える時期です。50代というイメージがあるかと思いますが、月経が永久的に停止する前後の期間なので、40代でも更年期に入る場合があります。ですので更年期は個人によって時期が違うのです。早い人では30代後半から更年期になる場合もあります。

更年期障害とはこの更年期の時期にホルモンバランスが乱れ、体調や精神に不調が出る症状になります。

閉経の前後の10年間

閉経を挟んで、前後10年間くらいを更年期といいます。

どんな症状が出るの?

どんな症状が出てしまうの・・・?

更年期障害になった場合の症状としては下記のようなことが挙げられます。また肩こり・腰痛や精神的な症状としてイライラ・不安・うつ症状などもあり吐き気や嘔吐といった症状も現れる場合があるのです。

ほてり(顔がほてる・ホットフラッシュ)
のぼせ(顔がのぼせる)
胸の痛み(乳房の痛み・動悸)
脈が早まる
多汗(大量の汗(顔から汗が止まらない)・スウェッティング)
めまい・ふらつき・耳鳴り
体がだるい(倦怠感)・疲れやすい
肥満(太る)
やせ
むくみ(むくむ)
頭痛・頭が重い
冷え
頻尿・尿もれ
抜け毛・薄毛

心と体両方に悪い影響が・・・

更年期障害になってしまう原因とは

女性ホルモンの低下が一番の原因!

更年期障害が起こる原因として考えられるのが身体的・心理的・環境の3つの急激にな変化によって引き起こされるのです。

特に女性は閉経などホルモン分泌の低下によりエストロゲンが急激に減り、脳がパニックを起こしたり、自律神経が乱れるなどの症状が現れます。卵巣や子宮は女性にしかない器官なのでホルモンバランスの乱れによって女性は特に影響されやすく、更年期障害も重い人が多いのです。

まざまな症状は、「卵巣機能の低下」だけでなく、「環境的要因」「本人の気質」などが複雑に絡み合って起こるといわれています。

更年期に入った?と思ったらチェクしてみよう

基礎体温や骨量を測ってみる

女性は閉経によって更年期を知ることができますが、その他にも方法があるのでセルフチェックしてみましょう。

・基礎体温を測る
女性ホルモンの分泌の変化がわかるのが基礎体温です。低体温期が長く、排卵後の高温相が短いというのが理想です。

・骨量を測る
エストロゲンの減少により影響を受けるのは骨量も当てはまります。それがゆくゆくは骨粗しょう症などにつながってしまいます。体組成計などで測れる機械もあります。

エストロゲンの減少具合で判断

更年期障害に対策法はあるのか

エストロゲンに似た働きをする栄養素を摂る

セルフチェックなどで更年期の可能性が高まったらどうしたら良いのか。始まってしまった更年期障害に対策法はあるのでしょうか?完全になくすことは難しいですが、軽減できる方法を試してみましょう。

女性ホルモンの減少が原因で起こってしまうならそれを補う栄養素を摂ることが大切になります。大豆イソフラボンよりも効果が期待されるエクオールはサプリメントとしても発売されていますので、試してみるのもアリです。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることがよく知られていますが、実は大豆そのものではなく、腸内でイソフラボンから作られる成分「エクオール」に大豆イソフラボンを上回る作用があることが注目されているのです。

更年期外来という専門機関もある!

専門機関で治療を受ける方法もある

更年期障害は最近ではよく耳にすることもあり、専門の外来をもうけるクリニックも増えてきました。そういったところで専門的な治療を受けるのも一つの方法です。専門家に話を聞いてもらい、きちんとした検査を受けることで更年期障害と向き合うこともできます。

治療法としては「ホルモン補充療法(HRT)」が主流で注射・パッチ剤・飲み薬などでエストロゲンを補います。またホルモン補充療法に適していない人に対しては「漢方療法」が適用される場合もあります。

まとめ

我慢せずに早めの対策を

今回は40代でも発症する可能性がある「更年期障害」について調べてみましたが、いかがでしたか?

更年期は誰でも迎える時期で、その時期に体や心に辛い症状が出ることを更年期障害と言います。その原因として女性ホルモンのエストロゲンの減少があり、対策するにはエストロゲンと似た働きをする栄養素の摂取や専門的治療が必要です。

更年期障害は我慢して治るものではありません。セルフチェックで疑いがあるなら、ぜひ専門機関を受診して対策を講じましょう!

この記事のライター

hanimi[ハニーミー]の公式アカウントです。

関連する投稿


【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

夏に気になる汗臭さ。汗をかくことが多くなるので、学校、職場、外出先で自分の臭いが気になることも多いですよね。そこで今回は、汗臭さを解消する臭い対策商品と対策法を6つご紹介します。


【ワキガ・多汗症】夏のベトベト汗は改善できる!?エクリン腺を鍛えてサラサラ素肌を手に入れよう

【ワキガ・多汗症】夏のベトベト汗は改善できる!?エクリン腺を鍛えてサラサラ素肌を手に入れよう

夏の汗はベトベトして嫌…という人!そのベトベト汗はサラサラにできるんです♪ポイントは『エクリン腺を鍛えること』。今回は、ベトベト汗になる原因や汗腺を鍛えるトレーニング方法をまとめました。


ニキビができやすい肌質は体質遺伝なの?ターンオーバーを正常化してニキビに負けない肌へ!

ニキビができやすい肌質は体質遺伝なの?ターンオーバーを正常化してニキビに負けない肌へ!

あなたがニキビができやすい理由は体質遺伝かもしれません。遺伝は防ぐことができませんが、現在の肌質を改善することは可能です!肌のターンオーバーを「正常化」させてニキビに負けない肌を作りましょう♡


【ワキガ・多汗症】改善対策の第一歩は“わきの毛を剃る”ことだった!?その効果と正しい剃り方を伝授♡

【ワキガ・多汗症】改善対策の第一歩は“わきの毛を剃る”ことだった!?その効果と正しい剃り方を伝授♡

ワキガや多汗症で気になることといえば“臭い”ですよね。それを改善する第一歩として“わきの毛を剃る”ことが有効です。わき毛の正しい剃り方も並行して学んで、臭いの改善に努めましょう!


生理痛対策するならココアを飲もう♪甘くて体に優しいココアの魅力とお手軽レシピを公開

生理痛対策するならココアを飲もう♪甘くて体に優しいココアの魅力とお手軽レシピを公開

寒い時期の辛い生理痛は「ココア」で改善しませんか?甘くて美味しいだけではなく、あの痛みも緩和してくれるんです♪ココアの魅力と簡単アレンジレシピをまとめてみました。


最新の投稿


【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

夏はさっぱりとした食べ物が欲しくなる季節。そんな夏にダイエットするなら口当たりの軽いヨーグルトを取り入れましょう!ダイエット効果、方法、おすすめのトッピングをご紹介します。


【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

夏に気になる汗臭さ。汗をかくことが多くなるので、学校、職場、外出先で自分の臭いが気になることも多いですよね。そこで今回は、汗臭さを解消する臭い対策商品と対策法を6つご紹介します。


痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

ニキビは頭皮にもできるんです!頭皮ニキビを放っておくと薄毛になることも…。すでにできてしまった人も、予防したい人も4つのステップで予防・改善につなげましょう。


【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

夏に生理痛が発生する、強くなるという人は、腹痛を引き起こしてしまうNG行動を行っている可能性があります!夏にやりがちなNG行動を6つ解説し、意識したい生理痛対策をまとめてみました。


『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

バストが小さい、ハリがないと悩んでいる人の原因は、脇や背中に脂肪が流れているからかもしれません。バストアップには『外から内へ』を意識したマッサージが効果的なんです♪