40代になったら考えるべき!生理の悩みと更年期障害

40代になったら考えるべき!生理の悩みと更年期障害

生理の悩みは女性なら初潮から閉経までずっと続くものです。40代になると特に気になり始めるのが更年期障害。閉経に向かう途中の女性の体には、さまざまな不調が生じ始めます。更年期障害とはどんなものなのかについて調べてみました。


40代の体について正しく知っておけば大丈夫

女性であれば生理の悩みは閉経まで続きます。初潮の頃、まだ生理が安定していない時も悩みがありますが、閉経に向かう頃にも別の悩みが起こり始めます。

更年期障害は徐々に閉経に向かってホルモンバランスが変化していく中で、体の不調が続くことをいいます。主に40代後半の女性に多く、症状は人によってさまざまで治療法も異なるのが難しいところです。

40代の生理と更年期障害について、正しく知って快適な生活を送りましょう。

40代になると起こる生理の変化

生理はある年齢になると来なくなります。卵巣機能が低下して排卵が起こらなくなるためで、1年間継続して月経が来ない状態を閉経といいます。閉経する平均年齢は50歳前後です。

この閉経の前後約10年間を更年期といいます。平均的にはだいたい45歳から55歳くらいまでが更年期ということになりますが、これよりも早く来る人もいます。

更年期は閉経に伴う体の変化が起こる時期で、この時期に起こる不調のことを更年期症状・更年期障害といいます。人により軽い人から重い人までさまざまで、比較的軽い人の不調は更年期症状といいます。

更年期障害の症状とは?

更年期は、生理がある女性であれば誰にでも訪れるものです。更年期障害の症状としては次のようなものが挙げられます。

・急にのぼせる、急に顔から汗が吹き出てくる
・胸が息苦しくなる
・肩こりやめまいが起こる、頭痛や疲労感が取れない
・イライラしたり、涙もろくなったり、情緒が不安定になる
・食欲がわかない。胃腸の調子が悪い
・全身がムズムズとかゆくなる
・排尿がスムーズにいかない、頻繁にトイレに行くようになる
・手足がむくみやすい

中でも急に顔がカァッと熱くなって汗が大量に出るのぼせ状態は、ホットフラッシュといってよく見られる症状です。

更年期障害の原因

更年期障害の原因は、閉経に向けてホルモンが急激に減少していくことに体が適応しきれないことにあります。

通常、卵巣からはエストロゲンというホルモンが分泌されています。脳の視床下部からの指令を受けた下垂体が性腺刺激ホルモンを分泌すると、卵巣の活動が盛んになって卵胞が成長し始めます。この卵胞が成長、着床、受精するのを助けるのがエストロゲンです。

このエストロゲンは、加齢とともに卵巣機能が衰えるのでだんだんでなくなるのですが、脳はすぐには対応できずに相変わらず卵巣に指令を出します。出してももう作られないわけですから、脳が混乱してしまい自律神経失調に似たさまざまな症状が引き起こされるというわけです。視床下部には全身のさまざまな機能を司るものが集まっているので、ここがパニック状態になると全身症状が起こってしまうのです。

更年期症状・更年期障害はいつまで続く?

更年期症状はいわば脳が女性ホルモンの減少という変化についていけない状態で起こるので、脳がその状態に慣れれば治まります。

どのくらいで症状が落ちつくかは個人差がとても大きいですが、短ければ1年くらい、ごく軽い人では更年期であったことを自覚しないまま終わるような人もいます。長い人では数年間悩まされることもあります。

あまり症状が重い人は、婦人科の更年期外来を受診して相談するのもよいでしょう。ホルモン療法や漢方療法などを受けることができます。ただしホルモン療法は乳がんの発症率を高める恐れがあるといわれています。

更年期症状がある期間の過ごし方

"更年期症状・更年期障害の程度は、主に3つの要因から重かったり軽かったりします。エストロゲンの減少の急激さ、仕事をしているかどうかなどの社会的な要因、そして性格などの心理的な要因です。

仕事をしていたり趣味があって忙しくしている人の方が更年期症状が軽いといわれることがあります。これは軽い運動がホルモンの分泌を促すことと、ストレス解消になるので自律神経失調症のような症状や抑うつといった精神的な症状が緩和されるからです。上手に気分転換して乗り切ることがよいようです。

また、更年期を過ぎて閉経すると骨密度がグンと下がり、血圧は上がり気味になるといわれています。こうしたことも前もって知っておいて、骨密度を維持するよう食事や運動に気をつけたり、血圧管理を始めておくのも、とてもいいことです。

まとめ

40代になると生理の悩みは更年期という形になって表れます。誰でも通る道ですから、どのようなものなのかしっかり理解してこの時期を迎えましょう。女性の体が大きく変わっていくときですので、無理をせずいたわりながら過ごすことが大事です。

この記事のライター

hanimi[ハニーミー]の公式アカウントです。

関連するキーワード


生理 40代 更年期障害

関連する投稿


実は生理前がカギ!生理痛軽減のためにできること10選

実は生理前がカギ!生理痛軽減のためにできること10選

生理痛って本当に憂鬱ですよね。 でも、生理痛を軽減できる方法があるって知ってました? しかも、やるべきなのは、実は生理前! 生理前ってどうしても自分の身体のことを無視しがち。 ただ、それではいつまでもイキイキとした女性でいるのは難しいんです! やり方は難しくありません。生理前に、生理痛対策してみてはいかが?


40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

40代が発症ピーク!子宮体ガンは一番気をつけたい生理の悩み

子宮ガンとよく一言で言いますが、実際は子宮頸ガンと子宮体ガンに分かれます。40代が発症ピークの子宮体ガンにかからないよう、気をつけたいポイントを見てみましょう。


生理時の症状の一つ、腰痛を軽くするにはこんなことに注意を

生理時の症状の一つ、腰痛を軽くするにはこんなことに注意を

生理時に起きる症状の一つ、腰痛を回避したいならどうしたらよいでしょうか?痛みの発生時期によって異なる原因に対して、注意すべき点をご紹介します。


生理をダイエットの味方につける!女性ならではの上手なダイエット&生理対策

生理をダイエットの味方につける!女性ならではの上手なダイエット&生理対策

頑張ってダイエットしてるのに、生理になるとなかなか体重が減らない。と憂鬱な気分になったことのある方は多いのではないでしょうか。女性の体は生理中に大きく変化します。だからこそ生理を味方につけて、女性ならではの上手なダイエット&生理対策をしましょう!


年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

年齢と共にリスクアップする悩み…20代の子宮内膜症にも気をつけて

子宮内膜症は、年齢の上昇と共にリスクアップするのが悩みの病気です。ところが20代でもかかる率がゼロとはいきません。気をつけるポイントをまとめました。


最新の投稿


【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

【食事deダイエット】夏痩せするならさっぱりヨーグルトで決まり♪食べるタイミングや+αレシピをご紹介

夏はさっぱりとした食べ物が欲しくなる季節。そんな夏にダイエットするなら口当たりの軽いヨーグルトを取り入れましょう!ダイエット効果、方法、おすすめのトッピングをご紹介します。


【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

【ワキガ・多汗症】夏の臭いが気になるあなたへ〜 おすすめの臭い対策商品と対策法6つ

夏に気になる汗臭さ。汗をかくことが多くなるので、学校、職場、外出先で自分の臭いが気になることも多いですよね。そこで今回は、汗臭さを解消する臭い対策商品と対策法を6つご紹介します。


痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

痛い・かゆい『頭皮ニキビ』薄毛の原因にもなる頭皮ニキビは4つのステップで改善

ニキビは頭皮にもできるんです!頭皮ニキビを放っておくと薄毛になることも…。すでにできてしまった人も、予防したい人も4つのステップで予防・改善につなげましょう。


【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

【夏の生理痛対策】腹痛の原因はあなたの行動にあり!暑い季節にやりがちなNG行動

夏に生理痛が発生する、強くなるという人は、腹痛を引き起こしてしまうNG行動を行っている可能性があります!夏にやりがちなNG行動を6つ解説し、意識したい生理痛対策をまとめてみました。


『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

『外から内へ』が合言葉♡バストアップのための簡単マッサージ術

バストが小さい、ハリがないと悩んでいる人の原因は、脇や背中に脂肪が流れているからかもしれません。バストアップには『外から内へ』を意識したマッサージが効果的なんです♪