ここまで進化している!お医者さんも推奨のカップルで使える話題の〇〇♪

ここまで進化している!お医者さんも推奨のカップルで使える話題の〇〇♪

雑誌でも話題のラブグッズ!新発売のMARY(メアリー)がすごいと話題♪

出典:https://mary-love.com

雑誌掲載多数!

2019年2月にリリースされてから、大人気のMARY(メアリー)。

私も以前から気になっていた商品で、様々な女性器の吸引グッズは見てきましたが、意外に値段もするのです。そして使用感もわからず、手に取る商品は多くありませんでした。

人気商品で言うと、womanizar(ウーマナイザー)やSatisfyer(サティスファイアー)等、ラブグッズとはいえ一見ラブグッズ商品とは見えない商品も多く出てきました。

価格帯も様々で、ラブコスメの人気アイテムだと2万〜3万円と高額な商品が多いし、Amazonや楽天で販売している格安商品はあまりいいレビューは入っていなかったりします。





その他も、関連商品には良くないコメントもちらほらありました。
音がうるさいです。振動音もかなりのうるささです。かといって、吸引力はまったくなく、できましたら、交換をお願いしたいです。

勝手に電源が入り、バッテリーが無くなるまで止まりませんでした。
真夜中に突然電源が入ったり、来客中に電源が入ったり最悪の商品でした。

とはいえ、2万円〜3万円が通常の値段で、なかなか手を出せずにウズウズしていたのです。

そんな中、MARY(メアリー)という新製品が出たと、ネット広告で発見し、調べてみました。

MARY(メアリー)の強気宣言!

出典:https://mary-love.com

MARY(メアリー)全額返金保証

なんと、オーガニズムを感じなければ全額返金保証・・。

商品に自信のある現れなのか、すごいキャンペーンをやってました(汗)

こんなキャンペーンをやられたら買うしか無いですしね・・・。
Amazonのレビューや楽天のレビューをみても、「機械的な動作不良」や「全然フィット感が無い」など、様々な問題で低評価のものが目立ちました。

MARY(メアリー)は、そんな不安を全部解決してくれるサポート体制も十分兼ね備えている点は◎といったところでしょうか。

お医者さんや業界の有名な〇〇さんも推奨しているすごい商品

出典:https://mary-love.com

参考:MARY公式サイト

性に関して出版もされている、美人女医さんである「山下真理子先生」。

出版やテレビ出演も実績のある先生からも推奨をうけているMARY(メアリー)




山下真理子先生は、性教育の観点でテレビ出演や、書籍を出版されている女医さんです。
専門は美容皮膚科医なのですが、女性の性に対して真摯に向き合って専門性をもった意見に話題を呼んでいます。

色々な文献でも以下のような効果があるみたいです!
・自慰を行いエクスタシーを感じることで、女性ホルモンが活発なる。
・ホルモンバランスの乱れによって起こる、肌荒れや生理不順、精神不安定が改善される
・海外では、女性ホルモン不足が原因の更年期障害の患者にオナニーを勧める医師も珍しくない。
・イギリスでは、女性の精神不安定症(ヒステリー)の治療として、医師がバイブを使ってオーガズムを感じる方法を教える治療法があった。
・オナニーによって副交感神経が働くため、リラックス効果があることも立証されている。
・自慰行為のリラックス効果は、半身浴やエクササイズに比べると3倍ともいわれている。
・女性のオーガズムは男性の数倍ともいわれており、ストレス発散にも役立つ。
・お金も時間もかからず、自宅で手軽にできるストレス発散法としても有効。

ただただ、自慰行為はイメージとして不潔やデリカシーに欠けるという日本人の昔からの先入観もありますが、海外では様々な観点から立証されていることは多いのではないでしょうか?

あの有名なセクシー男優、女優の方も絶賛!


セクシービデオを見たことがある方であれば誰でも知っている男優の清水健さんや、トップセクシー女優の高橋しょう子さんも、MARY(メアリー)を愛用してみて、すごく絶賛されていたとのこと!

私も、色々調べていると、性に関する相談は非常に多いらしく、その中でもイッたことが無い女性が非常に多いとのこと。
女性の会話の中でもそのような話をいっぱいします。

私は、そんな経験はありませんが(笑)

MARY(メアリー)の機能についての紹介

実際に私がメアリーを使った感想を元に、ここは書いていきたいと思います。

①見た目


MARY(メアリー)が手元に届いた時は、普段から通販をよく使用するので、なんの商品を買ったかわからず開封しました(笑)
送られてくるときの不安は購入前はありましたが、外側からは全くなにの商品かわからないような仕様で、一緒に住んでいる家族からも特に気づかれることなく私の手元に。配送元や備考欄に関しても、決してラブグッズとわからないように配慮されていました。

そして、パッケージ。そのパッケージをみてもラブグッズだとわからない程。(私はまだ何をかったか思い出せていませんw)

アイフォンのケースのような高級感のある真っ白な外箱を開封した途端に、おおおおおお!と悲鳴を上げてしまいました。
MARYの本体とケースが見えました。シリコンの質も良いのか指紋も全く気にならず使えそうな風貌。

私が購入したのは白色だったのですが、シルバーの部分は少し指紋が気になるかなぁという印象ですが、手に触れる機会が少ない部分なので特に私は気に留めませんでした。

本体だけ持っていても美顔器のような風貌で、いかにも如何わしい商品とは全く見えません。

②付属品


付属品の内容は以下、
・本体
・充電器
・先端のシリコン(2個)
・キャンペーンで頂いたローション
・取扱い説明書
・巾着袋

巾着袋もあるので衛生的に非常にいいなという点と、替えのシリコンが付いているのは個人的にはテンションが上りました。

③いざ使用へ(使用感)


MARY(メアリー)の公式サイトでは、人間工学に基づき設計された商品と紹介されています。
前段階での期待値はありましたが、本当のところはあまり期待をしていなかったのです。でも商品自体の品質や、届いたまでの配慮等を考えると少し期待を持ってしまいます。

夜、両親が寝静まってから、ベットの上で使用してみることに。
説明書をみながら、バイブレーションの種類や吸引の種類を確認。なんと、、振動と吸引のパターンを見るとそれぞれ12パターンあるとのこと。全部で144パターン!?

最初は痛そうな感覚がありましたが、当ててみると患部に直接触れない!?
どちらかと覆うような感覚で、一瞬でビクッとしてしまいました(汗)

まだ、バイブレーションは入れていない状態でこれか・・。
まず、振動パターンを患部に当てずに手元でパターン確認をしてみることに。

振動音はそこまで響かない、お布団の中であれば外には聞こえない程度の音です。
一通り試したところで、1番から順番に試すことに。

付属されていたローションを少し塗布し、

1番を当てた瞬間から、新しい感覚で、思わず声が漏れるほど(汗)

当て感は、患部だけ吸引され、バイブレーションが強くも弱くもないバランス。

患部に直接は当たらず、包み込むような感じかな。

(私の場合、クリが小さめなのかな。。)

同じく数パターン試したけれど、3パターンで我慢できずイッてしまいました・・。

全パターンのレビューをするつもりが途中で欲に負けてしまいました(汗)

④使用後の片付け


使用後は、すぐに本体からシリコンを外し、洗面台へ。

水だと少し取れにくかったので、ぬるま湯で洗ったらすぐにヌルヌルは取れすごく簡単に手入れが出来ました。

シリコン部分だけだと、家族にもバレることもなかったです。

MARY(メアリー)の総評

私がメアリーを実際に購入し、使用し、手にとった感想を総括して見たいと思います!
メアリーのいいところ

① 配送の際にラブグッズとバレずに受け取ることが出来る。

② パッケージ自体のデザイン性が高い(美容製品のよう)

③ 本体のデザイン性や質感が良い。品質は他社のものより断然良いと思う。

④ 付属品がたくさん♪

⑤ 圧倒的な費用対効果(価格面、品質面が揃っている)

⑥ 返金保証付き!(ここは本当に良いと思います。)

⑦ 気持ちいい

⑧ 付属品の購入が可能なため、半永久に使える。

⑨ セックスに対して積極的になれる気がした。

⑩ 毎日夜が楽しくなった。

メアリーの悪いところ

① バレるのが怖いところ

② 気持ちよすぎるところ

③ 返金対応がめんどくさいところ

くらいでしょうか・・。

悪い点を探してみたんですが、絞り絞って考えたのですが、返金保証があるのが一番大きいのかもしれませんね・・。

返金対応は電話が必須だと言う事と、オーガニズムを感じられないとという曖昧な点のため、少しわたしは面倒だなと思って特にこの金額であればいいやって思ってしまう性格です。

なので、一応悪い点として挙げさせてもらいました。

キャンペーンはいつまで実施されるのかはわかりませんが、
今ならローションと返金保証が可能

なので、是非この機会に試してみてはいかがでしょうか?



MARY(メアリー)のキャンペーンでの購入はこちら

いかがでしたでしょうか? ラブグッズとしては、手を出しやすいMARY(メアリー)。 一度試して見てください! できれば、他の方の意見もすごく聞いてみたいので、コメント残していただけると嬉しいです^^v

まとめ

   

カテゴリの最新記事